バイトの志望動機は素直が一番

バイトの志望動機はどの仕事の面接に行っても必ず聞かれることなので、自分なりにしっかりまとめておきましょう。履歴書には書きますが
口頭で答える場面があるので、聞かれたらすぐに応えられるようにしておきます。そして内容ですが、ネガティブなものではなく、ポジティブなものにしましょう。ネガティブなものとは、前に働いていた場所を否定的に言うことや自分の能力を下げるような言い方のことです。例えば、前の職場はこういったところが不満だったが御社は違う、自分には何も出来ないけれど働きたいという熱意はある、といった内容のことです。これでは採用側は別に褒められた気もしないし、自分から自分には能力がないという人を雇うこともありません。自分の経験を話すことはいいのですが、比較していい、悪いをいう必要はありません。また、採用側は自分たちにメリットがある人を採用したいので面接をしているのです。また、嘘をつくのもいけないことですが、あまりに本音を出しすぎてもいけません。「楽そうだから」というワードは、避けたほうがいいです。楽そうだから、と言われたらすぐ辞めそうと思われてしまいます。それに面接時嘘をつくと、それが採用されたあとトラブルの種になることもあります。ですので、嘘はやめましょう。ただし、自宅から近いから、時給がいいから、というのは言葉を選んで素直に言ってもよさそうです。働くということは様々な条件が重なることですから、自分にメリットだと思ったことは言いましょう。長すぎず短すぎず、よく考えてまとめてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です