自分の意見を言えれば乗り越えられる

バイトや就職の面接をする際に定番になる質問内容が「志望動機」ですよね。基本中の基本です。
意義としてはなぜそこでバイト、もしくは仕事をしたいのか、その理由を明確にしてもらうことと、その話の内容から、可能であればその人の人となりを見る、というものなんですが…

ぶっちゃけ、そこまで可能なのかな?とか考えてしまいます。逆に志望動機を話す側にしてみたら、そんな事どうでもいいじゃない、と考えてるもんです。
特にバイトだと、働ければいいから、みたいな気になってしまいますよね。そのあたりは採用する側もある程度はわかっている暗黙の了解、のような感覚なんでしょうね。

しかしこれが就職となると、話は変わってきます。というのも、明確な目的と、果たしてそれが会社の意図に沿うものであるかどうか、という問題が発生します。
ただとにかく就職したい、という場合は腰掛けになってしまって、早々と退職してしまう可能性もあるからです。たしかにバイトや就職の際によくある質問ですし、ある程度回答も固定されているんでしょう。よくマニュアル本なんかでも「志望動機はこう話せ!」みたいなものもよくありますよね。

まあ共通して言えることは、この志望動機という質問は、大体面接の最初に聞かれることでしょう。面接ではどうしても緊張してしまう、という人には履歴書である程度アピールをしてみるのもいいかも知れません。最近では、サービス業ではない企業でさえ「コミュニケーション能力の高い人材」を求めているようです。履歴書の特技の欄に「誰とでもすぐに仲良くなれる」というようなアピールをしておくと面接官に対して好印象が与えられます。これは、誰と一緒に仕事をするかによって仕事の効率が大きく変わってくるからだそうです。
ですので、面接官に対して内容はともかく、まずは履歴書で好印象を与える、次に自信を持って話せるかどうか、がツボなんだと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です